» 免疫力を強化するのブログ記事


ゴボウ茶

本日は、ゴボウ茶の作り方を紹介します。

私が紹介するまでも無く、ネットで検索するとたくさん出てきます。私もネットを参考にして作りました。便利でありがたい時代ですね。

ゴボウ茶は「飲む繊維質」とも言われているそうで、自分の感覚としては整腸作用があり、文字通り腸の調子を整えてくれるようですよ。特にお通じの悪い方にはお勧めかも知れません。

繊維質をとるために野菜を直接食べるには量に限界がありますが、お茶であれば飲みやすくて、たくさん飲むこともできます。もちろん、農薬を使わないもぎたて本物野菜でも十分良いのでしょうけど、「いつものお茶をゴボウ茶に変えるだけ」で繊維質がたくさんとれますので簡単で良いです。

お味はというと、ゴボウです。しかし何とも不思議なまろやかで「胃腸に優しいなぁ~」と実感できる感じです。好みはあるでしょうけど私はとても好きな味で、はまってしまいました。

そうそう、血圧を下げる効果もあるようですよ。これはお勧めのお茶です。

 

何故作るのか? と言うと、簡単なのと「安全で確実に効果のある物」にしたいからです。

市販もたくさんされていますが「ニセモノ」要するにゴボウ茶の良い成分が残っていないものも多いようですよ。ニセモノを飲んでも意味はありませんし、妙なビタミンやらミネラルやら工場で添加する必要も全くありませんしね。

 

<作り方>

材料:ゴボウ (あ、当たり前ですがこれだけ)

ただし、無農薬、有機栽培、自然栽培などのゴボウを使いましょう。
農薬がついたゴボウをお湯で出して飲む気にはなれませんし、薬品で大切な成分が失われていると思うからです。今の時代はネットでも変えますが、お安いので近所の自然派ショップで買うのが便利ですよね。私は、クレヨンハウス(大阪府吹田市)、ばんまい(大阪府池田市)で買いました。

何本作るかは、消費量によりますが、1本ではちょっと少ないので、2本以上作られるのが良いかも。

  1. 洗う
    • 水で洗います。タワシくらいで良いです。余り神経質に洗いすぎない方が良いかと思います。
  2. ささがきする
    • 包丁でささがき。普通のピーラーでは、小さくなりすぎますので、包丁が良いです。
      天日で干すと悲しいくらいに縮みますので、そこそこ大きめで大丈夫です。
      ささがきの後は、水にさらしたり、洗ったりしないでください。大切な成分が抜けちゃいます。
      (茶色いのはアクじゃ無いの? 抜かなきゃ。と思う方はネットで検索してみてください)
  3. 天日で干す
    • 板や段ボールなどを使って、ささがきしたゴボウを広げます。水分をとばしたいので、キッチンペーパーを使うと良いです。
      転校や状態によりますが、2~3時間干せば良いでしょう。1時間ほど経ったら、裏表をひっくり返してあげると乾きやすいです。ご注意>ゴボウの下に敷く紙は、テープなどで止めておくとよいです。最初ゴボウは濡れていて大丈夫ですが、乾いてくるととても軽くなるので、ちょっとの風で飛ばされそうになります。風がきついと紙を止めてもゴボウだけで飛んでいってしまいます。干した後は、悲しいくらいに縮みます。
      ゴボウを干す干す前干した後←干した後
  4. 煎る
    • フライパンで煎ります。ネットでは「とろ火で10分」と書かれたサイトが多いですが、私の場合「中火で5分」が目安です。
      とろ火では辛気くさいのですが中火で煎り過ぎると焦げてしまいます。色より「臭い」に注意されたら良いと思います。
      煎り方が足らない場合、お湯を入れたときに何故か緑色になるようです。そうなったら、再度入り直せば、茶色のお茶になります。
    • 煎る前←煎る前煎った後←煎った後
  5. 入れる
    • ゴボウを急須などに適量入れて、お湯を入れ3分ほど待ちます。
      お湯が、茶色になります。市販品などで、ニセモノは緑になったりするそうです。
      ゴボウの量も色々とやってみてください。美味しいです。ゴボウ茶として飲んだ後、煮炊き物や炒め物などに使えばゴミもでません。すごい。
      入れる
  6. 保存
    • 密閉容器に保管が良いでしょう。天日で干して、煎って、水分を飛ばしていますのでそこらに置いておくと湿気てしまいます。
      冷蔵庫での保存も良いと思います。
      保存

以上、ゴボウ茶自作体験記でした。

いいお茶、飲みましょう。

 


パンヤ枕の画像

読んでくださっている皆さん。

こんにちは。橋本です。

天然素材100%の安眠枕の第二弾を開発しました。『パンヤ安眠枕』です。

パンヤ100%+綿100%袋+100%オーガニックコットンで作った、弾力のある、横向き就寝用のほどよい高さの枕です。

 

第一弾の『わた安眠枕』についてですが、イネイト療法(健康法)と出会ってから、枕が高いと、就寝中に頸椎がまっすぐになっておらず、また、天然素材(特に植物系が良い)の方が体に負担にならない。

というのを知って、色々と枕を探していましたが、結局見つからず。

仕方が無いので、自分で開発しました。
それが、第一弾の『わた安眠枕』で、ワタ100%+ガーゼ(綿100%)+100%オーガニックコットンのピローケースと「完全に天然素材」になっています。

わた安眠枕』は、とても低い枕で上向きで就寝用です。横長に作ってあるので、二つ折りにしても使え、この高さでぴったりの方は、わた安眠枕ひとつで十分事足ります。

しかし、横向きで寝るとき、やはり高さが足りない方用に、『パンヤ安眠枕』を作成しました。

もちろん、この高さで良い方は、パンヤ安眠枕ひとつでOKです。

 

私自身は、わた安眠枕を広げ、その横にパンヤ安眠枕で寝ています。

横向きになるときは、大抵方向が決まっているので、そちらにパンヤ安眠枕を置いて使っています。

これは、快適です。

わた安眠枕を広げた高さの上にパンヤ安眠枕を置いて、丁度良い横向き就寝の高さです。

肌触りは、抜群。

よく眠れるようになった」「わんちゃんが、離してくれない!私用にもうひとつ欲しい」と利用者様からは、喜びの声もいただいており、とても心地よく「コレは、安眠枕と呼んだ方がいいぞ」ということになりました。

 

第二弾の『パンヤ安眠枕』についてですが、パンヤを包む袋を試作段階では、ポリエステルを使いました。非常に加工(詰める作業時の扱い)が楽だからです。

しかし、綿100%の袋も作ってみたら、これは驚きです。ほほをおいたとき、手で触って伝わってくる感じ、まるで違うんです。

そのため、最初に作ったポリエステル版 60個は、販売するのをとりやめ、綿100%袋のもので発売になったという訳です。(2017/7月現在、ポリエステル版は、もったいないのでアウトレットとして、Yahoo店でのみ販売しております)

改めて、天然素材100%の素晴らしさを実感したのでした。

皆さん、是非お試しください。


たくあんの裏側

おはようございます。橋本です。

たくあんらし~い色、おいしそうなのがありました。
裏返してみると…
ぬか漬けでなくて、薬品漬け?

私達の間では、話題沸騰のアスパルテームもちゃんと入ってます。

 


こんばんは。橋本です。

3/14にシェアさせていただいた真弓先生の動画から、医療費がいかに激増しているかを抜粋しておきます。

 1955年 人口:8千万人 医療費:2,388億円
 2009年 人口:1億2千万人 医療費:35兆3000億円
人口が、1.5倍に対して、医療費は、147倍になっています。

costごく普通に考えて、1955年からの医療方向性が正しいとするならば(医療費=治療費と考えて)、医療費は減らないと変ですよね。

増えるということは、間違っているのではないか? と考えるのが普通に思えます。
今のところ西洋医学の先生に行くときは、病気すなわち治療に行くわけで、予防の為の金額は含まれていないと考えられます。
西洋医学は、症状を消すことがメインの対症療法ですから、予防であるはずはありません。

病院が治療が必要と認めた医療費がこんなに激増しているんです。
病人が出ないと「病院経営」が立ちゆかなくなるので、健康な人にも医療を施さないといけない。
それにはワクチンは、非常に都合がいいですね。

ワクチンの話はさておき…

私たち国民が望む医療の根本は「予防」以外考えられません。それでも発症してしまう一部の疾病に全力で取り組み、それを税でまかなう。

お金がないから治療が受けられないなんてことはあってはいけません。

風邪をひいたからといって、薬局代わりにお医者さんに行ってもいけません。

とにかく薬を出さないとお医者さんが生活できないのもいけません。

お医者さんが利潤追求をメインにしてはいけません。

皆で医療費を下げる行動が問われる時代になっていると思います。そしてそれは、幸せの青い鳥を運んでくると思います。

 

 

 


真弓定夫先生。
今更ながら、Youtubeで発見しましたので、お知らせ致します。
年に1度は、ご挨拶に伺いますが、そのたび20冊くらいの書物を紹介いただき大変勉強になっています。
素晴らしい信念と生き様の先生です。
40分くらいのところに実際に患者さんにアドバイスされている映像がありますが、このあたりの話を聞いても「症状にとらわれる」ことはダメだなぁ~と再確認してしまいます。
「下痢も嘔吐も体が病気を治すための反応なので、止めてはいけない」

やはり、免疫力・自然治癒力を上げる、そして、体の自然な反応を理解するなどがとても重要だと思います。

 


こんにちは。橋本です。

 大手の新聞に嫌気がさした私は、新聞をとっていません。そのかわり、本当のことが書かれた地方紙(地元紙)があれば読みたいな~と考えていたところ「みやざき中央新聞」というのに出会い、試し購読をしております。(月4回の発刊)
 昨日届いた記事で良いのがあったので、引用します。(PDFです

<玄米と自然海塩と味噌>
http://miraiyu.jp/docs/20130304genmai.pdf

 

sioS1

 

ちなみに、以下の塩はものすごく良いです。木村仁さんも絶賛の塩です。

 


 
昔ながらの天然海塩 Flower Of Ocean しほ


見てくださっている皆さん。橋本と申します。

最近は、Facebookで更新した方が良いのやら、ブログに入れたら良いのやら、結局あっちこっちに投稿している有様です。ブログに入れてFacebookに見せる。というのがやっぱり一番良いかなと思って書いていますが。

インフルエンザが猛威をふるっております。

今年は、子供中心で無く大人の感染者が非常に多いのが特徴のようですね。

昔から、ワクチンそのものには、かなり懐疑的だったので、この時期に発信しようと記事を書いています。

ところで、「40代からどんどん健康になる方法」というタイトル。これの答えは、かなりシンプルです。

  • 自然治癒力・免疫力(自己治癒力)を取り戻す。

これだけ。もう少し具体的には、

  1. 引き算の生活を実践(イネイト療法のベース、イネイト哲学の考え方)
  2. イネイト健康法の実践(治癒力発揮の源、脳幹を活性化するだけ)

これだけです。1.について、今の世の中、世界経済文明においては「消費=企業の金儲け」が考え方のベースですので「減りゆくビタミン」「老化で作れなくなった成分」は「サプリで足す」「食べものを増やす」になってしまいますが、引き算では、全く逆で「減りゆくビタミンを誘発しているものを止める」となります。

カルシウムやビタミンが不足するので、サプリを飲むのでは無く、カルシウムやビタミンを減らす原因の食べもの・飲み物を止める。となります。(白砂糖の取りすぎは、体内のカルシウムやビタミンを消費してしまうようですよ)

「止める」がベースですから、お財布も楽ちんです。

そんな私の引き算生活には、ワクチンも含まれます。

子供の時は、強引に集団接種で入れられてしまいましたので「どう解毒するか?」が重要になりますが、それはおいておいて。

<情報として>
インフルエンザワクチンの効果については、いろんなところで賛否両論が
あるようです。
福井むつう整体院の近所の循環器医院では、摂取を取りやめたとチラシを
配布しているそうです。

http://event.miraiyu.jp/docs/influenza_vaccine.pdf

この医院の対応については、中日新聞で 2012/11/7に報じられました。

インターネット上でも様々な情報が流れていますが、私としては、ワクチンの効果には懐疑的です。
ここでは触れませんが、効果より薬害、副反応を心配しています。

予防摂取を予定している方は、是非この機会に今一度調査されることをお勧め致します。

<対策として>
自然治癒力・免疫力をアップさせるしかありません。

  • それには、引き算の生活が一番と私は思います。どこに求める必要もなく、不要な物を排除して、元々自分が持っている力を最大限に引き出すだけです。(言うまでも無く、イネイト療法がお勧めです)
  • 玄米菜食。
  • 味の無い飲み物(特に甘みを含んだ、清涼飲料水は避け、常温の水が一番ですが、無添加の出来るだけ自然栽培のお茶が良いと思います)

正しい情報を知り、インフルエンザに負けない体を作りましょう。

<参考書籍>

 


以下の内容は、メルマガで購読いただけます。
よろしくお願いします。こちらから登録できます。→→

みなさん、健康に過ごしていますか?
今日もお会いできて、うれしいです。
ヒクシポワタの橋本と申します。

あっという間に新年が過ぎていきます。

独、たばこ休憩も廃止に? 「喫煙者は非生産的」

こんなニュースが出ています。

ドイツの経済団体が就業中のたばこ休憩の廃止を提案、論議を呼んでいる。た
ばこを吸う人は吸わない人より休憩時間が長く、非生産的である。

当たり前にそう思いますね。私は、2006年にたばこを止めましたが喫煙時代も
今もそう思います。

いずれにせよ、中毒性のある、たばこ、酒、砂糖などは、健康にはマイナスに
なると思いますが、日本では考えられないような報道ですよね。

それでは、Volume 15 です。

~ ★ 今 日 の 目 次 ★ ~

[1] マクガバンレポートと日本食

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] マクガバンレポートと日本食
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マクガバンレポートというのをご存じでしょうか?

続きは、バックナンバーのページでご覧ください。


以下の内容は、メルマガで購読いただけます。
よろしくお願いします。こちらから登録できます。→→

みなさん、健康に過ごしていますか?
今日もお会いできて、うれしいです。
ヒクシポワタの橋本と申します。

あっという間に新年が過ぎていきます。

正月番組も、ほとんど普通になりつつある今日この頃。

皆さんは、正月の食べ過ぎ飲み過ぎはコントロールできましたか?

きっと、元気に過ごされたことと思います。羨ましい~

それでは、Volume 14 です。

~ ★ 今 日 の 目 次 ★ ~

[1] 健康状態とは?

[2] 頭寒足温

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 健康状態とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

健康状態はいかがですか?

そう聞くとみなさん、「特に悪いところはありません」と言われる方が多いで
す。

続きは、バックナンバーのページでご覧ください。


以下の内容は、メルマガで購読いただけます。
よろしくお願いします。こちらから登録できます。→→

みなさん、健康に過ごしていますか?
今日もお会いできて、うれしいです。
ヒクシポワタの橋本と申します。

あけましておめでとうございます。

昨年の漢字は、「絆」でしたね。私たちは相対の世界に生きていますから悪い
ことも経験しないと、いいことを実感できないのかもしれません。

しかし、それでも良いこと、輝く光をみつめて健康溢れる幸せな生き方をした
いですね。

本年もどうぞよろしくお願いします。

新年1回目は、私の健康の源「イネイト療法」の概要をお届けします。これに
出会って、「どんどん元気になっていった」んですね。全てはここにあります。

それでは、Volume 13 です。

~ ★ 今 日 の 目 次 ★ ~

[1] 全ては内に

[2] イネイト療法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 全ては内に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

健康であることは幸福の条件だ。

続きは、バックナンバーのページでご覧ください。

↓ Facebookもチェック!
2017年11月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント