» 免疫力を強化するのブログ記事


こんばんは。橋本です。

3/14にシェアさせていただいた真弓先生の動画から、医療費がいかに激増しているかを抜粋しておきます。

 1955年 人口:8千万人 医療費:2,388億円
 2009年 人口:1億2千万人 医療費:35兆3000億円
人口が、1.5倍に対して、医療費は、147倍になっています。

costごく普通に考えて、1955年からの医療方向性が正しいとするならば(医療費=治療費と考えて)、医療費は減らないと変ですよね。

増えるということは、間違っているのではないか? と考えるのが普通に思えます。
今のところ西洋医学の先生に行くときは、病気すなわち治療に行くわけで、予防の為の金額は含まれていないと考えられます。
西洋医学は、症状を消すことがメインの対症療法ですから、予防であるはずはありません。

病院が治療が必要と認めた医療費がこんなに激増しているんです。
病人が出ないと「病院経営」が立ちゆかなくなるので、健康な人にも医療を施さないといけない。
それにはワクチンは、非常に都合がいいですね。

ワクチンの話はさておき…

私たち国民が望む医療の根本は「予防」以外考えられません。それでも発症してしまう一部の疾病に全力で取り組み、それを税でまかなう。

お金がないから治療が受けられないなんてことはあってはいけません。

風邪をひいたからといって、薬局代わりにお医者さんに行ってもいけません。

とにかく薬を出さないとお医者さんが生活できないのもいけません。

お医者さんが利潤追求をメインにしてはいけません。

皆で医療費を下げる行動が問われる時代になっていると思います。そしてそれは、幸せの青い鳥を運んでくると思います。

 

 

 


真弓定夫先生。
今更ながら、Youtubeで発見しましたので、お知らせ致します。
年に1度は、ご挨拶に伺いますが、そのたび20冊くらいの書物を紹介いただき大変勉強になっています。
素晴らしい信念と生き様の先生です。
40分くらいのところに実際に患者さんにアドバイスされている映像がありますが、このあたりの話を聞いても「症状にとらわれる」ことはダメだなぁ~と再確認してしまいます。
「下痢も嘔吐も体が病気を治すための反応なので、止めてはいけない」

やはり、免疫力・自然治癒力を上げる、そして、体の自然な反応を理解するなどがとても重要だと思います。

 


こんにちは。橋本です。

 大手の新聞に嫌気がさした私は、新聞をとっていません。そのかわり、本当のことが書かれた地方紙(地元紙)があれば読みたいな~と考えていたところ「みやざき中央新聞」というのに出会い、試し購読をしております。(月4回の発刊)
 昨日届いた記事で良いのがあったので、引用します。(PDFです

<玄米と自然海塩と味噌>
http://miraiyu.jp/docs/20130304genmai.pdf

 

sioS1

 

ちなみに、以下の塩はものすごく良いです。木村仁さんも絶賛の塩です。

 


 
昔ながらの天然海塩 Flower Of Ocean しほ


こんにちは。橋本です。

環境に興味を持つと、環境破壊のことに目が行きますよね。

以前に有名になった「奇跡のリンゴ 木村秋則さん著」を読んで、その苦しみ、こだわり、気づき、そんな実話に大変感動して涙しました。

ph009-03

 

リンゴというのは、昔すごく小さくて、農薬を使って大きな実にしたらしく、およそ「無農薬のリンゴ」などは、あり得ないと言われていたのに、見事完成させたというお話しです。


詳細な表現描写は、憶えていませんので、自分の中に記憶として入った内容になります。
その中で、「農薬ってばかばかしいなぁ~」と感じた内容を思い出しましたので、書き留めておこうと思います。

 

昔は、リンゴにワックスを塗る人などいなかった。

あるとき、ワックスを塗ったら、見た目も綺麗し、なかなかしなびないため高値で売れた。

そのうち、誰もがワックスを塗るようになった。

 当然のことながら、皆がワックスを塗ると、ワックスリンゴが常識になり、価格は元に戻ってしまう。
 後に残るのは、農家のワックス代金と体に害のあるワックスを洗い流す消費者の手間と不健康。
 ワックスを販売する業者の利益。
 農家の人も不健康になってしまう。
さらに、ワックスを塗られたリンゴは、しなびる事が出来ず、ビタミンの抜けたかすかすの食べものになってしまう。
 リンゴは、しなびることでリンゴ自身の健康を保っているそうです。

 

 ワックスを塗らなければ、水で少し洗うだけで食べることができます。塗ってしまうと、洗い流すのに洗剤が必要になり、どんどん環境を汚します。

オーガニックコットンの話でも書きましたが、農家でも従事者は農薬で健康を害することもしばしば、汚染された飲み水も無視できなくなっているのだと思います。

本当に農薬ってばかばかしいですが、農家の人たちの苦しみを考えると簡単には言えないですよね。私達が知らない、大変さや事情があるのだと思います。

miracleapple

 

消費する私達が「形にこだわらず、虫にこだわらず、汚れにこだわらず、見た目にこだわらず」作物を買うようになれば、農薬を使った方が売れなくなり、虫のついた作本の方が高値で売れるなら、この問題は解決に近づくのではないでしょうか。

自分に出来る、ちょっとした方向転換、もっともっと考えてアクションしたいと思った「奇跡のリンゴ」でした。

木村秋則さんオフィシャルページ http://www.akinorikimura.net/

 

↓ Facebookもチェック!
2013年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント