» 免疫力を強化するのブログ記事


みなさん。こんにちは。

店主の橋本です。

本日は、波動のお話です。

波動という言葉だけで、うさんくさいと引かれる方もおられるかも知れませんね。

私の友人の一人は、波動と聞くと「ドラゴンボール」しか思い浮かばないらしいです。

私が波動という言葉に興味を持ったのは、天外 伺朗(てんげ しろう)さんや、船井幸雄さんなどの書物を読むようになってからです。
ホーキングの宇宙関連や量子力学の本などでも、自分なりの裏付けをとっておりました。
うさんくさく感じられる方も多いですが、私の場合はすんなりと入ってきました。

バイブレーション。英語で聞くと少しイメージが変化します。不思議。
原子核の周りを電子が回っている訳なので、全ての物質が振動しており、それが波動と考えればよいと、私なんかは思ったりします。
そうすると、全ての物質には波動が存在し、たまたま、AとBの物質の波動は同じだった。などということも起こって不思議はないような。
そして、同じ波動を持つもの通しは、共鳴します。コップやガラスに同じ波長で共鳴させて割ってしまう実験をテレビで見たこともあるかと思いますが、それです。

イネイト療法講演会で、アディオイフの開発者 木村仁先生は、常に波動を分かりやすく説明しておられます。

<説明1>
同じ音を出す、Cの音を出す音叉を2つ置いて、片方だけをたたいて音を出す。すぐに、たたいた方を持って振動を止めても、もう片方の音叉は共鳴して音が鳴る。
Cの音叉と、Dの音叉を同じようにしても、周波数が違うため共鳴(反応)しません。

<説明2>
テレビのリモコンを操作するとテレビが反応する。
これは、リモコンの赤外線の周波数と、テレビの受光部の周波数が同じ為におこります。
違うメーカの場合は、周波数が異なり反応しません。
放送局とテレビの関係も同じですね。

また、光や電気、電波も周波数を持っています。
電気は、波動と同じで見えないけれど、誰もがその存在を知っています。だって、使うと請求が来ますから。^ ^)

私達は、どういうわけか、子どもの頃に教えられた、ある瞬間にそのものに対して強く印象を持つようで、その印象を長く持ち続けます。

ニュートンやアインシュタイン以外を信じたり、うさんくさいものを信じると「ばかにされるよ」「気を付けないといけないよ」「変な人と思われて、つまはじきにされるよ」などと教わりました。
そのおかげで、「今までの知識枠の中で、慎重に考えよう」というクセ(固定観念)が付いてしまったのかもしれません。

(今まで知っていることを集大成して考えれば)理にかなっている」こと以外は、通常、信用しません。ということは、頭を柔らかくするというのは、知識をたくさん持つことかも知れません。

ひどく脱線しました。

要するに、全ての物質が波動を出していて、どこにでも存在する。

そして、元気な脳幹と同じ周波数を持つ物質を小さなアクリル板に埋め込んでペンダントにしたのがアディオイフ、という訳です。

じゃあ元気な脳幹ってなに?

ここからは、カイロプラクティックの原理になって行きますので、また後日です。

いささか、支離滅裂なお話になってしまいました。


こんにちは。いつもお読みいただきありがとうございます。

店主の橋本です。

私がオーガニックコットンのことを考えるようになったのは、環境問題を勉強した際に、とても大量の農薬が綿を育て収穫するのに使われていることをとある本で知ったからです。

以下は、「Wear Organic オーガニックを着よう!」サイトからの(無断 ^ ^;)抜粋です。(このサイトでは、写真も掲載されているので、一度ご覧下さい)

  1. 「地球上の耕地面積の 約2.5%にすぎないコットン畑に、全世界で使われている殺虫剤の約16%、 農薬全体の約10%が使用されている」
  2. 「農薬漬けになってしまったコットン農場では、毎年何百万人もの農民が農薬を 直接吸い込んだり、汚染された水を飲むことによって健康を蝕まれています」
  3. 「コットンの一大産地であるインドでは、農薬を買うために借金苦に陥り、 それが原因となって自殺したとみられる農民は6年間で10万人
  4. 種まき時には殺菌剤が、成長の過程で除草剤と殺虫剤が、 収穫期に枯葉剤が使用されます」

この話は、私にとって強烈でした。
単純に、「それなら、みんなでオーガニックコットンだけを着るようにすれば、農薬は激減するやん」と思いました。インターネット上では、そのようなことに取り組まれている方も大勢いらっしゃいます。

恐ろしいことに、綿を育てる知識のない方達が住む場所に、金儲けを目当てにして「農薬を大量に使った技術」を持ち込み、栽培させて買い付けます。そして、農薬を売りつけ、農民を身動きの取れない状態に追い込んでしまうのです。
最も、こういったケース(金儲けのための自然略奪)は綿に限らず熱帯地方でもたくさん行われています。知ってしまうと熱帯地方の果物は食べる気がしなくなります。(より、深く知りたい方は、ネットワーク地球村をアクセスください)
日本にも日本オーガニックコットン協会というNPO法人があり、活動されており、エコプロダクツにも出店されていたので、オーガニックコットンTシャツを買ったことがあります。

また、環境関連で有名なパダゴニアでは、綿はオーガニックコットンのみしか使わない。などの態度を示されています。

良いもの、納得できるものを少し高くても購入して、大切に使う。これは、まさに「足を知る」を美徳にしていた共生、思いやりの日本人にマッチしたものだと思います。

しかし、まだまだ価格が高いのも事実です。

そこで、オーガニックで自然治癒力を阻害しない衣類が欲しいと思って、作ったのが『ゆるエコ』トランクスです。

45%だけエコロジー(オーガニック)、55%だけエコノミーなトランクスという訳です。

ちなみに、現在(2013/2月)は、手紡ぎオーガニックコットンのトランクスも開発・販売しています。


皆様こんにちは。店主の橋本です。

この記事は2010/11月に作成した、1号バージョンについて書かれたものですので、生地は異なります。コンセプトや形状などはほぼ同じです

こだわりのオリジナルトランクスが入荷しました。

ゆるエコ』シリーズと命名しました。

ゆるゆるで、エコロジーなシリーズという意味です。

  • 天然素材100%
  • 締め付けが無い緩いゴムと、落ちないように紐付き
  • 締め付けがない分、少し下がって腰で止めるので、足腿外側を斜めにカットしスリットをつけた
  • 日本で作成(奈良のスガノ工房さん)
  • オーガニックコットンならではの柔らかな肌触り
  • 綿のくせに、濯してもごわごわになりにくい(今15回ほど洗濯しましたが全く大丈夫)

という特徴があります。色は、グレージュというもので、薄いグレーです。

こういった緩くてオーガニックコットンは、先ず手に入らないと思います。(手に入らないので作ったわけです)

男性用トランクスの場合、ゴムが緩いのが、まず見つかりません。

もう少し特徴を…

普通は、ずれないようにそこそこきついゴムで止めますので、大抵はへそのすぐしたあたりで止まっていると思います。

が、ゆるエコトランクスは、ゴムが緩く紐でとめるので、少し下に下がります。
そのため、太ももを上げた時に、腿部分の生地が折れ上がってしまうのです。

そこで、内側から外側に向かって斜めに切り上げた形状(右写真をクリックください)に変更し、

そこにスリットを多めに入れました(左写真)。
内側は、そのままにしてあります。
フロント部分は、面倒なボタンは外し、合わせを深く取りました。(安心感!)

利益はほぼありませんで、好きでないと作れない商品になってしまいました。
らだを締め付けず、自然治癒力を阻害しない下着を何とか実現したかった。
引き算やゆるゆるを理解されている、イネイト研究会の会員さんに提供したかったというのも大きいです。

送料がかかりますので、アディオイフリザルトを購入する時、ついでにお買い求め頂ければ良いかと思います。

できあがったので、自分ではいておりますが、すっかり満足です。

サイズは、フリーサイズで、82~92cmくらいのウエストの方にご利用いただけると思います。

ちなみに私は、85cm程度でジャストフィットです。

とにかく、一度おためし下さいませ。

色もいずれ、濃紺などを作ろうかと考えております。(2013/12月現在は、紺:セルリアンブルーのみになっています

↓ Facebookもチェック!
2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のコメント