» 免疫力を強化するのブログ記事


すっかり、時間があいていしまいました。

皆様。いかがお過ごしでしょうか。店主の橋本です。

Above 上から
Down 下へ

Inside 内から

Out 外へ

Innate イネイト(先天的叡智、生命力、自然治癒力など)
Force 力が

働く、流れる。

というのが ADIO ifの名前の意味です。
上は、生命の座、脳幹です。脳幹から上部頸椎を通り生命エネルギーや脳からの指令が末端にいきます。
背骨の歪みが良くないと言われるのは、その伝達経路が歪みによって遮られるからです。

生命力が働くのは、上から下へ、内から外へ。幸せの青い鳥は、外にはいません。内にいます。

原因療法は、常に内側の力を目覚めさせることだけを行います。

逆に外からの刺激による症状の改善は、即効的に症状を消しますが、生命力は細くなります。対症療法ですね。

よく「対症療法的に○○を行った」と、場当たり的な対応の比喩で使いますね。それです。

例えば、体のどこかに吹き出物が出たとします。それを薬を塗って、抑え込みます。
症状は消えたように見えますが、症状が出た原因は埋没します。
体がせっかく、問題を表に出そうと反応したにも関わらず。です。

そうすると、生命力に負担がかかり、細くなるという訳です。

薬や対症療法が全て悪いという訳ではなく、それに頼りっきりの現代の生き方を見直すことも必要ではないかと私は伝えたいのです。

人間も大昔のように素の状態にもどれば、内から外へ生命エネルギーがみなぎり、病気や怪我は、すぐに治ってしまうでしょう。

しかし、現代では、電磁波や添加物、汚染された空気や水など、避けて通れない状態になっています。

だから、ADIO ifというリモコンで、脳幹のスイッチを入れるんです。たったそれだけで、ご自身の内側にある幸せの青い鳥が動き出し、生命力がみなぎってくるという訳です。

ペットは、人よりも遙かに自然に近いのは、言うまでもありません。そのため、ADIO ifのリモコンにダイレクトに反応し、生命エネルギーが流れやすく、症状も即効的に緩和するんですね。

ま、しかし、複雑な話はどうでもよく、こんなちっちゃなペンダントで、色んな疾患が改善している事実があるので、それだけで良いです。

論より証拠、ですね。


皆様。こんにちは。

店主の橋本です。

コットンの話は、一度おいて、今日は波動の広がりの話を書きます。

お店に置いている、アディオイフリザルトEシールドは全て波動を発生している商品です。
波動の種類は違いますが、原理は波動です。

前にも書きましたが、音や光や電波も全て波動ですね。そして、波動は波ですから、広がりがあります。

波動によっては、その拡がり方や拡がる範囲も変わります。

池に小石を投げ込むとポチャーンと波が拡がります。小石なら波は小さく優しく拡がりますが、大きな石だとドボーンと大きな波と力強い荒々しい波になります。
丸い石だとやはり、やさしい丸い波が拡がりますが、煉瓦のような四角い石だと角張った波が立ちます。

人が集まっている時に、笑いの要素を投げかけると、そこにある種の波動が拡がり、みんなが笑います。そして、笑わない人もだんだんとその笑いの波に影響されて笑い出します。

これも波動の広がりですね。

イネイト療法講演会では、みんなが元気になる生命力を呼び起こさせる波動を使いますので、会場がどんどん暖かくなることがよくあります。

脳幹にとても良い波動を会場にポチャーンと入れることにより、Aさんの脳幹が共鳴し、Bさんに影響し… という具合に会場全体に拡がり、みんなが暖かく元気になるわけです。

アディオイフをみんなが付けると、その近くや、その和の中にいる人も、当然波動に共鳴して元気になるわけです。

いい波動がそこら中にあるわけですから、大げさですが国民全部が元気になるかもしれません。

アディオイフを販売する喜びは、ここにあるんです。

みんなが使えば使うほど、波動の広がりが大きくなり、みんながどんどん元気になる。健康になる。

人間の生命力を活性化するには、現代人では、引き算が大切です。しかし、低下してしまった生命力を取り戻すきっかけをつくるためにアディオイフが威力を発揮する訳ですね。

波動って不思議です。

それでは、次回は、またまたコットンの話に戻ります。


こんにちは。

店主の橋本です。

ショップで天然素材の商品を並べようと思い、昔から使っていた、和紡布(わぼうふ)というオーガニックコットンで作られた体洗いを思いつきました。

昔、池田むつう整体院(現在は閉院している)の女先生が阪急箕面の駅近にある「縁(えん)」というお店を紹介下さいました。そのときに、石けん不要の不思議な体洗いと出会いました。
残念なことに縁(えん)は、現在営業されていません。そういうこともあり、ネットで調べたところ「和紡布(わぼうふ)」であることが、判明。その後は、ネットで購入しておりました。

ショップで扱うには、仕入れないといけません。

それで、早速スタッフに製造元を調べてもらったところ、「益久染織研究所」という会社にたどりつきました。

話を進める内に、「一度、お会いしたい」という依頼が来ましたので、早速、奈良のお店の方に伺いました。お店で、直接現物が見たかったこともあり、こちらから伺いました。
場所は、近鉄奈良駅の近くにある「奈良もちいどの店」です。

店内に入ると、すごく気持ちがなごむような空間です。オーガニックコットンの波動に満ちあふれているからでしょうか? 気持ちよかったですね。

色々とお話をお聞きしている中で、一番驚いたのが、今回のタイトルのことなんです。

中国山東省の農家と契約して直接綿や生地になったものを仕入れておられるのですが、その農家が驚きなんですね。

オーガニックコットンなどというハイカラな名前なんかまったく眼中になく、

大昔(100年前)から、農薬、肥料なんか使ったこと無い、畑に自然に植えているだけ。このやり方しか知らんよ

虫が綿を食ってるけど、虫も生きないといけんから、食わせときゃええ。必要な分しか食わんから

なんとまぁ、喜楽というか、おおらかと言うか。でも、これが自然農法の神髄なのでしょう。素晴らしい!!(なまりは、私の感じた雰囲気で、脚色しております。失礼。)

これが、和紡布がオーガニックコットンで、手つむぎでありながら非常に安く商品ができる訳なんですね。(100年間無農薬の益久さんのページ

オーガニックコットンを育てるのに、こんなに苦労しました。それは、さぞかし人件費がかかったでしょう。というエピソードが吹っ飛んでしまう、お話ですね。(右は、お店にあった綿花です)

そうか、オーガニック、いやいや、その農家に言わせれば「ただの綿」。

オーガニックは、普通だった。

いやー、驚きの日でした。

次回は、出会ってしまったオーガニックコットン(いやいや、普通の綿)の5本指靴下「あしごろも」をご紹介します。「何故、手つむぎか」も紹介します。

近々、ショップに並びます。乞うご期待。→現在は、ショップで販売中です→クリック。

↓ Facebookもチェック!
2010年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント